2017/09/18

第十六釣行 ニジマス(忠別・辺別川)

妻が旭川に実家へこの連休で帰省したいと言い出した。

これはいいチャンスということで、台風を避け、16~17日で出かけてきた。

釣りに行くチャンスは17日の朝マズメ。

目覚ましを3:00にセットして、早めの就寝zzz


2:50・・・目覚ましより早く起きてしまった。

遠足を楽しみにしている幼稚園児のようだ・・・。

ちゃちゃっと準備を済ませ、3:15に出発・・・4:00前に現着。

あたりは真ーーーーーーっ暗。


星空がきれいだったけど、スマホでは月を撮影するのが限界・・・。

車の中でしばし休憩・・・すると、何やらキラキラ光るものが近づいてくる。

・・・車のヘッドライトじゃない・・・まさか、クマ!

・・・・・・ん! 光が増えたぞ!

暗闇に目を凝らすと・・・・徐々にその正体が明らかに!

なんと、立派な角をした1頭のシカと4頭のメスシカでした。

車の横を何事もなかったかのうように走り去っていった・・・。

クマじゃなくてよかったぁ。

でも、あの至近距離でシカを見たのは、修学旅行の奈良以来か(爆)


さてさて、本題・・・

薄明るくなってきたので、ウェーダーに着替え川面に立つ。

水量はお盆に来た時よりも少ない・・・雨が欲しい感じ。

暗い中で3gのスプーンからスタート!

アイツポイントはお留守の様子・・・。

すぐに前回、スーパーライズ状態だったポイントへ移動。

まだ暗いので、何も起きていない。

キャストしてみた・・・・・・・・今日はお留守かな?

何投かしたころ、ようやく薄明かりが差し出した・・・・。

すると・・・・・またもや始まった・・・スーパーライズ!

あちこちでバシャバシャやっている!

その中へキャストすると・・・


こんなのがバシバシ釣れてくる!

アベレージの25cm前後・・・オートリリースを含めても短時間で20尾は釣れたかな。

ちょっと見切られ出したら、スピーナーへチェンジ。

すると・・・


こんなのや


こんなのが釣れてきた!

いやぁ~、楽しいですねぇ。

釣り場も貸切ですし・・・と、上流側を見ると餌師が2名こちらをぼーーっと見ていた。

車があったら普通は敬遠するものなのですけど(釣り場が狭いので)台風前で釣りたい

のか、それともこのポイントがかなり今年のトレンドポイントなのか・・・。

私個人の所有ポイントではないのでいいのですが・・・・・・・・。

そろそろ切り上げようと思っていたところでしたので譲ってあげようと思ったら、

すでに居なくなっていました。


今日は少し時間があるので他のポイント調査もしてみた。

もう少し下流のポイントは川筋がまったく変わってしまった場所。


こんな感じで、雰囲気バッチリでしたが・・・・ノーバイト。


次は超メジャーポイント・・・・・車5台で満員御礼・・・スルー。


ではと、ルアー練習場で楽しもう!

・・・・・・・あっ! み、水がない。

干上がっている。

横の用水路もゲートが閉じられ、水が流れていない。

春先に大物をゲットしたところは・・・底が丸見え、水はない。

・・・でも、魚はどこへ?

死骸すらない・・・どこへ移動したのか、来年・・・どーなっているのか心配だ。


ではと、山越えして辺別川の調査へ。

ここは、まったく大物ポイントがなくなってしまった。

溜まりという溜まりが土砂や砂で埋まってしまっている。

昨年からほとんど何も変わっていない。

クマさん遭遇ポイントまで行ってみたが(獣臭はプンプンしていた)チャラチャラ川。

1か所だけ、魚が溜まっていそうなポイントを見つけたので、キャスト。

25cmほどのイワナがかかった・・・オートリリース。

再度、筋を替えてキャスト!

・・・・・・ヒット! 今度はいい感じの引き込みだ。

ドラグがジリジリ鳴っている・・・大物には間違いない・・・久々の引き。

そろそろ寄せ、背中のランディングネットに手をかけた瞬間・・・・ふっと軽くなった。

顔を見せないまま・・・フックアウト・・・・・・・残念。

40cmクラスだったと思われるが、姿を見ていないので想像にすぎない・・・。


・・・ピッカピカ太陽の下では厳しくなってきた。

餌ならまだやれそうな感じであったが、今回は身軽にルアーのみの装備。

これ以上奥に進むのは流木の山で体力だけがなくなってしまうし・・・。

11:00だったが、ここで納竿とした。


お盆釣行が今季最後のトラウト釣行と思っていたが、再戦出来てよかった。

スーパーライズポイントが来年も続いてくれるといいのだが・・・。

来年の楽しみとしよう!

大物ポイント探しはまた地道にやるしかなさそうだ。



・・・・・・・・・・おしまい

2017/09/09

第十五釣行 サバ(苫小牧西港 勇払・中央南)

お盆のトラウト釣行から約1か月・・・

そろそろ海は夏枯れ明けていい感じかなぁ。

そんな妄想をしていたとき、いつもお世話になっているごンたさんとグットタイミングで

コラボ釣行のお誘いがあった。

私からもどーですかとメールを送信したところだったので、二つ返事でOKです!

日本海方面はまだパッとしていないようだったので、太平洋側を選択。

で、この時期ならアナゴ、サバあたりが狙い目かなと。

ということで、9/8 23:00~9/9 8:00ころまで苫小牧西港へ行ってきた。


まずは勇払埠頭・・・釣り人が少ない・・・釣れてないのか?

ぐるっと偵察したが、みなさんアナゴ狙いなのか投げが大半。

しかし、竿先はピクリともしない。

う~ん、どうしたものか。

とりあえず、釣り座は選び放題なのでローソンと反対側に三脚セット!


こんな感じ(撮影:ごンたさん)

投げ2本でアナゴ(間違って平物)となんちゃってロックでブラーにイソメで遊んでみる。

投げにはガヤ3尾のみ・・・アナゴや平物の顔は見られなかった・・・。


ごンたさんがライトを持っていたので設置しておいたのだが、最初はガヤ祭り。

そのうち、何やらガヤとは違う魚影が・・・。

ごンたさん、すかさずマイクロジグをキャスト・・・・すぐにヒットぉ!

15cmほどの小サバでした!

撒き餌をしていないのに、ライトの明かりだけでかなり岸寄りしてきた。

これはチャンスとブラーからサビキにチェンジし、サバ釣り開始!

すると、ほぼ入れ食い状態で釣れる釣れる!

15~20cmくらいだが釣れる釣れる!!

頻繁にライズもしていて、かなり活性が高かったようです。

結局、3:00くらいまでで約60尾ゲット。

小さなクーラーに半分ほど。

捌くのが大変なのと、違う魚の顔が見たいということになり、東港へ移動。


こちらは向かい風でごみが滞留・・・何だか釣りにくそうなので、西港へ逆戻り。

今度は中央南へ行ってみた。

こちらも釣り人少ない・・・釣れていない。

でも、4:00を過ぎたころで移動すると朝マズメを逃してしまうので、釣り座をセット。

ライトも一応点けてみた。

30分くらいすると、ガヤの中にサバが居るではないか!

・・・ううううーーーん、今日はサバ祭りだ!

サビキ1本で釣りまくります。

ここも撒き餌なしでコンスタントに釣れたが、明るくなってきたころからペースダウン。

せっかく持ってきたので・・・と、ようやくここから撒き餌投入開始・・・。

すると、どこから湧いてきたのかサバ、サバ、サバ!!

その中にサビキを入れると、すぐにヒットぉ!

1尾ずつでは効率が悪いので、1尾かかったら追い食いを狙って・・・少しキープ。

すると、ダブル、トリプル・・・フォースもきたぁ!

いやぁ、忙しすぎる。

気づけば、ブログ用の写真を1枚も撮っていない・・・。


遠い隣に居た釣り人もサビキにチェンジしたようだが、こちらより明らかにペースが

鈍い。

何が悪いんでしょうかねぇ。


そうこうしているうちに撒き餌がなくなり・・・8:00ころ納竿。

最終計量・・・


139尾・・・(左から40、50、49尾入りジップロック)


どーやって食べよう・・・。

かみさんに怒られるなぁ。

釣れなきゃ、怒られ・・・釣れ過ぎて、怒られ・・・。

それでも釣りは止められません!


・・・・・・・・・おしまい

2017/08/16

第十四釣行 ニジマス(忠別川)

お盆休み・・・今年は義父の初盆となるため、お参りがメイン行事。

13~15日で遅めの休みをもらい、旭川へ帰省。

釣りバカである私・・・今回ばかりは釣りに行けないかと思っていましたが、や・は・り

バカはバカです・・・・・・・・行ってきましたよぉ。

14日の14:00からお参りがあるため、14日の朝マズメに標準を合わせての釣行。

天候的にもここを逃すと釣りは厳しい感じ。

13日の夜は何だか興奮してしまい、世界陸上を観ながらほぼ睡眠出来ず・・・。
※遠足前の幼稚園児並み・・・

それならばと、14日の3:20で真っ暗な中、実家を出発。

途中のコンビニで軽食を調達し、目指すは2年連続でアイツにやられたポイント。

道中、美瑛川を渡ったが真っ暗で水量も色も確認できず。

まぁ、今回は短時間勝負となりそうな感じだったので、美瑛川はスルー。


現着が4:00少し前・・・まだ、暗く釣りにはならない。

しかし、一番乗り!

先客はいないし、靄がかかった感じで虫もいない。

ゆっくり準備をして、薄明るくなってから入水。


※明るくなってから撮影

いい感じではあるが、スケスケの色で渇水に近い。

この時期、こんなに水量が少なかっただろうか?

アイツポイントも溜まりが小さくなっていた。


シルバー3.5gのスプーンをセットし、キャスト開始!

・・・すると、1キャスト目からひったくるようにヒットぉ!

なかなかの引き・・・レギュラーサイズかな。

薄暗いため、なかなかランディングできない。

巻いてはすくう・・・ラインを出される・・・巻く、出される・・・。

何とかランディングに成功!

30cmほどのニジマスだった!

写真も撮らずに速攻リリース・・・2キャスト目・・・・・・・ヒットぉ!

もう入れ食いです!

ほぼ、キャスト・・・ヒット・・・・・・キャスト・・・ヒットの連続。

狭いポイントではあったが、10尾以上は釣ったでしょうか。

楽しすぎて、写真撮るのを忘れて楽しんじゃいました。

ただ、アイツはお留守なのか別の場所をテリトリーにしているのか、会えなかった。


辺りは明るくなり、下流側に目を向けると広く開けたところで溜まりのような

ポイントが見えた。

あそこまで釣り下り、ダメなら大きくポイント移動しようと考えた。


いざポイントへ到着してみると、水深が1mないくらい。

少し早い流れではあるが・・・気配はムンムンしている。

集中していたので気にならなかったのだが、このころから霧雨のような小雨のような

雨模様となっていた。

水面に目を移すと・・・雨で羽根が濡れたカゲロウなのかポタポタと落ちている。

そこまではいつもの風景・・・だったが、ここからがすごかった!

あちらこちらで、一斉にライズが始まったではないか!

しかも半端ないほどのライズで40cm以上の魚体も見える。


すかさず、アップライトでキャスト!

ライズしたあたりでリーリングを緩めると・・・・・・ヒットぉ!

今度は先ほどのよりもグイグイ引き込み、ラインは出されと大物の予感。

ばれるなよ・・・といなしながら・・・・・・・ランディング成功!


あれ? 大したことないなぁと思ったが、流れのきついところに居着いているのか

かなりの背っぱりのニジマスだった。

この間もライズは止まず、キャストを続けるが・・・またしても、1キャスト1フィッシュ

で入れ食い状態!

写真なんて撮っている暇はありません!

キャストしまくります!

しかも、ルアーチェンジは一度もなしです(汗)

サイズは25cm~40cm弱くらいでしたが、どれも背っぱり状態でかなりの引きを

楽しむことができた!

ここでも10尾以上は釣ったでしょうか。

ライズも落ち着き、ヒットも遠くなってきたので一度車に戻ります。

時間は6:00前・・・・・・・まだまだ時間はあります。

新たなポイントを探したいところではありましたが・・・ルアー練習場へ向かいます。

ここは朝マズメでは狙ったことがなく、調査も兼ねての移動です。


先行者なし。

水はスケスケ・・・何尾か見えますが、もっといつもなら見えるはずなんですが・・・。

キャストしますが・・・ノーヒット。

チェイスすらありません。

何かおかしい。

ではと、前回40cmアップをあげた狭いポイントへ向かう。

案の定、雑草が生い茂り、キャストはできるもののリーリングができない。

・・・そこで、今回は・・・・・・・・・・・・・・・二刀流です。

3.6mの延べ竿にイクラをつけ、慎重にポイントへ近づき、そっと糸を垂らす・・・。

すると・・・もそっ・・・・・・・ん? 石かな?

軽く竿先を持ち上げると・・・・・ギュイーーンと糸鳴りさせながらのヒットぉ!

久々の延べ竿に扱いが慣れず、雑草に道糸が絡まってしまった。

ヤバい、ヤバい、何とかランディングさせてくれぃ!

ポイントが荒れてしまうのを覚悟で入水。

ネットを入れ、すくった瞬間・・・針が結び目で切れ・・・・・・・逃げられてしまった。

黒光りした雄のニジマスだった。

40cmアップは間違いなかっただろう・・・。

その後は何度流しても後の祭り・・・ポイントが荒れまくってしまい、終了です。


車へ戻り、時間を確認・・・・・7:00前。

ここまで釣り人とまったく会っていなかったため、超メジャーポイントでも久々に

入ってみることにした。

先行者なし・・・まじか!

こんなことは初めてです。

土・日曜で叩かれているだろうけど、二刀流で挑戦です。

ここも水深のあった場所が少なくなってました。

居着くならここだろうというポイントを叩きますが・・・出てきません。

ならばと、延べ竿で挑戦・・・・・・すると15cmほどのヤマメが遊んでくれました!

そのあとはルアーをキャスト出来ないポイントで延べ竿・・・35cmのニジマス!

竿抜けポイントの場所は溜まりが半分以上土砂で埋まってしまい・・・お留守。

これ以上の釣り上がりはつらいので車へ戻る。

ここで道中、初めて釣り人と遭遇・・・軽く声をかけ、朝一のポイントへ移動。


8:00ちょっと過ぎ、この時間になると釣り人は増えてきました。

朝一ポイントの少し手前でフライマンが準備をしています。

もしかすると、スーパーライズポイントへ直接入水する感じの場所で準備している。

これはかなり危険な感じ。

反対岸からの入水では魚の居着いているポイントへ足を踏み入れることになる。

慌てて私も朝一の駐車スペースで準備をし入水してみた・・・。


やはり、やられてしまった・・・・・。

見事にスーパーライズしていたポイントに立ち込み、魚の居ないところへロッドを

振っている・・・・・・・万事休す。

あきらめて、車へ戻ると2台の車が居た。

1台目の釣り人・・・「どうですか?」

管理人「スーパーライズしてた場所をジャバジャバ歩かれちゃったので戻ってきました」

1台目釣り人と管理人「大爆笑」・・・別の場所へ移動していった。


2台目の釣り人「どうでしたか?」

管理人・・・同じ話をして大爆笑。

ただ、この方もフライマンで私のポイントよりも上流で釣りたい様子。

私の居た時間帯では私以外立ち入っていないため、チャンスはあるかもと伝えた。

しかも、私の車を見て「札幌から来てるんですか?」

実家がこっちということを伏せ(すいません・・・)、いろいろと情報を教えてもらった。


2台目の釣り人「行ってきます!」

管理人「がんばって下さい!!」


まだ9:00前・・・・・悩んだ挙句、ホーム辺別川を覗いてみることに。

この時期は渇水のホーム・・・やはり渇水です。

唯一、叩けそうなポイントへ行くと・・・・・激濁り。

河川工事が始まっていたようで・・・・・・・・万事休す。

叩いてはみたものの、やはりノーバイト。


まだまだ釣りたいところではあったが、今回はここで納竿とした。

今思うと、スーパーライズのポイントをもう少し釣り下っていたほうが、もっと楽しい

釣行になったのだろうなと・・・読みが外れた感じであった。


それでも元気なニジマスたちに会えたことを感謝しつつ、帰路へ着きました。

今期のニジマスは最後かなぁ?

もう一回行きたいけどなぁ。

そろそろ海も回復するし・・・悩みどころである。




・・・・・・・・・・・・・・おしまい

2017/07/31

第十三釣行 ニジマス(近郊河川)

暑い日が続いている北海道

海は夏枯れ状態で釣りもの少なし・・・

さて、週末アングラー・・・何を釣りに行こうかなぁ。

やはり川で遊ぶしかないですよねぇ。

実家のある旭川方面ではいい釣果が出ている様子。

でも、お盆帰省直前に行くのは・・・妻の許可も難しい。

そんな中、いつもブログでお世話になっているごンたさんと策略してみる・・・

それぞれをダシとして、遠征釣行を計画・・・・・・しかし、あえなく撃沈。

それではと日曜の午前中限定で近郊河川ではと再計画・・・これはOKとなった!


ということで、久々にごンたさんとのコラボ釣行へ行ってきた!

ヤリイカ・海サクラコラボ釣行からですので・・・約3か月ぶりですね。

今回は私のサブホームである南区のダム下の小さな河川。

2週間ほど前に調査済みでしたので、まぁチビちゃんくらいなら遊んでくれるかなと。


河川近くの道路脇の駐車帯で日曜の朝5:00に待ち合わせ。

ごンたさんのほうが先に到着されていた。

久々の再開も手短に早速釣り場へ急行・・・先客なし。

これはいい感じ!

しかも曇り空だし、釣り人にも優しい。


そそくさと準備をし、いざ!

最近のダム放水状況が微妙な感じであったが、水量・色ともにGOOD!

午前中にいつもなら放水が開始されていたので、気にしながら奥へ進みます。

手前のポイントは半分無視・・・放水前に最奥で釣行するためです。

それでもやはり釣りたくてウズウズしていたので、何箇所か叩きます。

ごンたさんに早速、ヒットぉ!

ですが・・・オートリリース。

魚が居るのは確認できましたので、最奥へと進みます。

1時間ほどでようやくポイントへ到着。

ポツポツとライズがあります・・・雰囲気バッチリです。

しかし、なかなかのせられません。

ルアーを追ってはくるものの足もとで見切られます。

日曜の朝ですから・・・前日、そうとう叩かれたんでしょねぇ。


そうこうしているうちにごンたさんに待望のファーストフィッシュ!

15cmほどのニジちゃんですね。

これでがぜん、やる気が出てきました!

私も負けじと、スピナーからスプーンへチェンジすると・・・ヒットぉ!


うっすらボケていますが・・・ちっちゃいニジちゃんです。

次のキャストでもう1尾追加。

ここはいいポイントとごンたさんに譲ったが・・・ノーバイト。

さらに奥へ進み、叩き、進み・・・を繰り返し、これ以上進むのは厳しいとこまできた。

ここでまたしてもやってしまった・・・二刀流の準備を忘れたぁ。

ここまで来るとルアーでは狙いにくいポイントが点在していた(ここまで進んだのは初)

後ろ髪引かれる思いで、ダム放水が始まらないうちに釣り下がることに。

途中の無視ポイントでもコンスタントに釣れてくるがチビばかり。

しかも、オートリリースが大半。

なんでぇ? と、ルアーをチェック・・・あっ、バーブレスだ。

前日の夜にあわててフックチェンジしたので、間違えていたようだ。

まぁ、魚には優しいので・・・よしとします。

で、


たまーにこんな感じで釣れてきました。

10尾くらいは釣ったでしょうか。

チェイスも頻繁にありましたので、なかなか楽しかった。

中には30cmを超えていそうなやつも居たのですが・・・。


途中でフライマンが2名あがってきた。

この場所は二度目の様子。

最近の状況をいろいろと知っていることを教えてあげた。

叩かれた後ですし、私たちもいいだけ叩いてきましたので・・・どうかなぁ?

ウェットで沈めたら・・・かな?

放水に気をつけてと声をかけ、別れた・・・。


時間は10:00・・・もう少し行けるかな?

場所を移動します。

今度は温泉街の裏手・・・こたらのほうが入りやすいので叩かれまくっている。

でも、魚影は濃いので一発チャンスあるかも?

と言っている矢先に1キャスト目でごンたさんがヒットぉ!

と思ったら私もヒットぉ・・・オートリリース。

その後もポツポツ当たり、チェイスはあるものの・・・ノーフィッシュ。

11:00を過ぎましたし、ピッカピカ太陽でグロッキー状態のため、ここで納竿。


ごんたさんとの久々の再会もチビニジ祭りで楽しい釣行となりました。

今度は海釣行でコラボを約束し、解散となりました。


次はお盆帰省でデカニジ退治かな?

海はいつ行けるやら・・・・・おしまい

2017/07/18

第十二釣行 ニジマス・イワナ(近郊河川)

三連休・・・うれしいような、かなしいような

せっかくの休みなのですが、娘の中体連で送迎を任されてしまい、自由が利かない

しかも、この三連休の天候が微妙・・・・・・

7/15(土)はピッカピカの晴天で残りの2日は雨が降りそう・・・

ということは、7/15に釣行できなければ、三連休は寝て曜日に・・・

ストレス溜まるわぁ~と思いつつ、めざましテレビの占いを観ていた。

すると「遊びでストレス発散するといいことがありそう」なーんて言われた!

そこで間髪いれずに「今日は釣りに行って、遊ぶぞ!」と宣言!

妻「・・・行って来れば」

願ってもないチャンス!

速攻で身支度をし、娘を体育館まで送り届け・・・目指すは南区の近郊河川。

ダム下の小さな河川なのですが、市内から意外と近いため・・・激戦区なんです(汗)

到着は・・・9:00過ぎ・・・・・・・・もうピッカピカの晴天です。

朝マズメなんて、とーーーに過ぎた時間・・・・・・先行者の車3台。

これでは釣果の期待が薄いですけど、涼みに来たのとロッドを振りたいということで

強行突破です。

橋の袂から川へアプローチするのですが、この橋の下もなかなかのポイント。

ただ、叩かれまくっていますので・・・・・・はい、ノーバイト。

途中のポイントは素通りしながら、奥のポイントを目指します。

しかし、ここはいいかも? というポイントでライズを発見!

すかさず、ちょっと下流目にキャストし、リトリーブ・・・・・・ヒットぉ!


ちょっとピンボケですが、20cmくらいのイワナさんでした。

約ひと月ぶりの生命感・・・癒されますねぇ。

・・・っと、ここで先行者が下ってきます・・・・餌師ですね。

釣り方が違いますけど、声をかけようとしましたところ、逆に敬遠され川を渡り

さらに下って行かれました・・・。

あんな調子で釣られていたのなら、これが最初で最後の魚かなと半分あきらめモード。


しばらく歩いて、ようやく目指すポイントへ到着!

・・・あれ、餌師一人にしか会わなかったなぁ、みなさん下流域へ行かれてたのかなぁ?

まぁ、叩かれた後かもしれませんが、ポイント独り占めです。

ここは両サイドが崖で下流から上がってくるしかないので・・・独り占めです。


こんな感じです。

雰囲気あるでしょう・・・。

でも、私のルアーにはチビニジしかかかりませんでした。


こんなやつですね。

10尾ほど釣れたでしょうか。


お昼まで戻るには、そろそろ下らないと車までたどり着けない。

下りのほうが楽なのですが、釣りもしたい。

ちょこちょこポイントを叩きながら下ります。

あと、100mくらいで車につくというあたりで、何だか水の流れる音が変わってきた。

・・・ハッと上流を見ると、濁った水が流れていて、みるみる増水していく。

もしやダムの放水が始まったのか!

下調べでは、ここ数日10:00や11:00に少なめの放水をされているようだったので

この日も同様な感じだったようだ。

川の中はこれで歩けなくなってしまったので、川岸の藪こぎで何とか車が見える

ところまで戻ってきた。

川は雨が降った後のように濁ってしまった・・・。


ここで野生の感が「そこでロッド振ってみれ」・・・・・と働く。

完全には濁っていない脇の部分と流芯の間・・・・・そこへ小さいスプーンをキャスト!

ゆっくりリトリーブ・・・・・・・ガツッ・・・ヒットぉ!

小さかったけど、ニジマスくんが遊んでくれました。


これで本日は納竿とした。

ピッカピカで日に焼けそうでしたが、木々が生い茂っていたことでそうでもなく、

またマイナスイオンを浴びられて、気分爽快となった管理人でした。


次はいつ、何を釣りに行こうかなぁ?


・・・・・・・・・・・・・おしまい

2017/06/19

第十一釣行 マメイカ・海サクラ・ブリ(積丹半島)

今月は週末アングラーにとって厳しい天候が続いていた。

そして、ようやく天候に恵まれ16日の夜から17日のお昼まで釣りに出かけた。

まぁ、父の日特権的で強引に釣行を決めた感はありますが・・・(汗)

今回は新兵器のロッドとリールを携えての釣行なので、何としても釣果を出したい!

ロッド:アブガルシア ノースフィールド アキアジ NFAS-1002MH

リール:シマノ アルテグラ 4000XG

アキアジ専用に開発されたロッドのようだが、ショアジギにもいけるとの説明書き。

海サクラには多少固めかもしれないが、今後ブリやアキアジを狙ってみようと思って

いたので、これをチョイス。

リールもそれらを考慮しつつ、検討したもの。

さあ、どーなるでしょうか。


出発は16日20:00、天気予報ではくもりで10:00ころには太陽が出る感じ。

波もべた凪、風も1~2m程度でベストコンディション!

久しぶりの海釣りですから、何だか気合だけが空回りしています。


まずはF漁港でマメイカ調査。

22:00ころ到着しましたが、ほとんど車が居ない。

目を凝らしてみても、キャップライトもない。

貸切かなぁと一番長~い防波堤を車で移動していると、とんでもない所に

車が1台停まっている。

壁際ギリギリに停めてくれれば交わせるのだが中途半端に離れていて、さらには

ビットが邪魔でにっちもさっちもいかない・・・。

時間がもったいないので、少しバックして壁側へ寄せ、徒歩移動することに。

・・・で、結局はマメイカはお留守。

先行者はロック系でしょうか?

軽めのジグを振っていますが、すぐに移動していった。

まぁ、本命ではなく調査ですので、30分そこそこで撤収。

釣り人の状況を確認しながら、海岸線を南下します。

道中の有名ポイントは4~5台の車が停車していた。

車中泊もあれば、これから磯へ移動しそうな方、さまざまであった。

ただ、目指すポイントとは違うので、みなさんがんばれ~的な感じで眺めるのみ。

S漁港でイカ調査を予定していたが、うっかり通り過ぎてしまった。

戻るのも何なので、そのまま目指すポイントへ向かいます。


日付が変わるころ、ポイント到着・・・・・・・貸切状態。

まったく人っけなし。

波の音だけが静かに響いている。

すぐに磯場へ出られるようロッド等のセッティングを済ませ、しばし仮眠zzzzz

だが、興奮していて寝たんだかよくわからない状態で3:15磯場へ立つ。


ちょっと明るくなってから撮影・・・いい雰囲気である。

第一投目・・・なかなかいい感じ、手にしっくりくるしニューロッドとリール最高!

鼻歌交じりでリ-リングしていると、手前でいきなりのチェイス!

しかし、乗らなかった・・・。

海アメの小さいのか、はたまた背中が茶色く見えたので何だったのか?

一投目から興奮してしまったが、そのあとパッタリ・・・・。

と思ったら、二度目のチェイス!

・・・これも乗せられず。

でも、また茶色い?

同じところを何度かトレースすると、足もとまでリーリングしてあげようとしたとき

浮いているミノーに横からスーーっと茶色い奴が顔を出した。

ロッドを少し横へずらし、ミノーにアクションを入れると・・・・バクっ!

ヒットぉ~~!

なかなかいい感じで引き込んでくれるけど、このロッドには物足りない感じ。

それでも抜きあげるにはちょっと足場が高く、タモを使ってランディング成功!



茶色いやつは・・・アブラコでした!

マルマル太っていて、いいコンディションのやつでした。

でも、本命は君ではなく海サクラ・・・。

ですが、新兵器に息を吹き込めたのはよしとします!

それに、アブガルシアでアブラコ・・・・・・。


それから2時間ほどロッドを振ったが、チェイスすらなし。



時間がもったいないので、移動を決断!

来た道を北上して、良さげな場所を探します。



ちょーメジャースポットの千畳敷・・・・釣り人は居ますが、釣れてません。

さらに北上します。


S漁港の磯・・・ここも釣り人撤収中・・・手前はホッケの浮き釣りかな?

ここも素通りで北上します。

道中、夜中に通ったとき車が停車していた場所は朝マズメのいい時間帯にも関わらず

半数以下に減っていた。

どこも釣れていないのか、それとも釣れて引き上げたのか・・・。

何だかいやーーな感じです。


ブリが釣れているという情報があった磯へ立ち寄ってみた(写真撮り忘れた)

激投ジグ40gをフルキャストして、しゃくりまくったが・・・・・ノーバイト。

先客は8名ほど・・・一人が40cmくらいのイナダサイズをぶら下げていただけ。

その場所は入ってみようと決めていた場所・・・。

朝一で来ていれば・・・もしかするともしかしたかも?

ここのブリも早めに見切りをつけて、移動。

その前にホッケのポイントでもあるため、じっくり観察しておいた。

水深や根の状態など細かくチェック。

次回の釣り(秋)に役立てよう!


この後、サーフで何箇所かロッドを振ってみましたが、チェイスすらなし。

しかも、ピッカピカ天気で太陽が顔を出したので、ジリジリと暑い・・・。

脱水になってしまう。

心が折れました。

眠気も来ています・・・・・・最後に前回立ち寄ってチェイスがあった場所で勝負です!



右前方からの向かい風でやややりにくい感じではあるけれども、左目に振れば問題なし。

まずは、第一投・・・・・足もとの海藻に注意しないと・・・・ススススーーーとチェイス!

海藻の切れ目でフイっと見切られた!

眠気が一気に吹っ飛び・・・「いるじゃん!」

キャストしまくること1時間・・・・・・6チェイス、ノーバイト・・・。

魚は居るけど、釣れない・・・。

ここでいつもお世話になっているごンたさんからのメールに気づく。

前回、海サクラをあげたポイント情報が書かれていた!

しかもごンたさんの友達もあげていると!

最後の最後でドラマがあるのか、期待を胸にロッドを振ります。


・・・・・・・・・・・海は沈黙のままでした。

ビギナーズラック炸裂せず・・・。

今回も惨敗となった。

体力・気力的に頂点に達していたため、ここで納竿とした。


当日の海の雰囲気は最高でしたが、ここ数週間の天候で底荒れ状態だった様子。

魚っけがまったくない感じでしたので・・・。

腕が悪いのはわかっていますが、今年の海釣りは・・・ついてないなぁ。


今月は行けそうもないし、来月は夏枯れとなりそうだし。

近場の渓流でニジマスと遊んでもらおうかなぁ。



・・・・・・・・・・・・・・おしまい

2017/06/05

第十釣行 ニジマス(忠別・辺別川)

ホッケリベンジからの数週間・・・週末は何だか天候も悪かったし、釣り以外の用事も多く

なかなか釣りに行けていなかった。

そんな中、妻方の49日法要で旭川へ帰省することとなり・・・多少、罰当たり的かとは

思われたが、法要の合間を縫ってトラウト釣行へ出かけてみた。


前情報だと、雪融け水はおさまりつつあるものの、水量は多く・・・雨も降っていた関係で

透明度もよろしくないという感じ・・・。

それでも、釣果を出している方たちが居るようでしたので、まぁ、ダメ元での釣行となった。


いつもは6:00ころ現着で出発するのだが、いつも行きたい所には先客が居て、思った

釣りができていなかったことから・・・・・・今回は実家を4:00に出発!

天候はどんよりと曇り空・・・雨はなし。

夜中に降ったようで道路は濡れ、水たまりができていた。


まずは美瑛川に架かる橋を通ります・・・・・・まずまずの色合い。

釣りにはなるでしょうけど、今回は忠別のアイツ退治を第一の目標としていますので、

そのまま通過・・・。


すると道路に何やら物体が・・・・・・・・たぬきが逝かれていました・・・。


そのあと数分後も、道路に何やら物体が・・・・・・・今度はきつねさんが逝かれていました・・・・。


そのさらに数分後・・・・今度はエゾリスさんが道路をぴょんぴょんと横切って行く・・・。

釣りに来たんだか、動物見に来たんだかって感じ・・・。


さらには、私のボ〇ズ回避の神鳥・・・トンビさんも飛来している。

これで釣れないことはないだろうと大船に乗った気分でアイツポイントへ・・・。


現着して唖然・・・・・・・・ダムの放水量が増えているぅ~。



水しぶきを上げています!



アイツポイントは・・・激流の中。

しかも笹濁りというよりもコーヒー牛乳並みの色・・・・・諦めます。

お盆で帰省した時に再チャレンジしよう。


道中、ほとんど釣り人を見なかったのは、この状況だから忠別を敬遠したのだろう。

さて、この朝マズメのいい時間帯・・・どこへ行こうか。

まずは、ひと山越えてホーム辺別の最奥調査へ行くことに。

前回来た時は通行止めで通れなかった部分も解放されていた・・・。

しかし・・・・



こんな真新しい看板が・・・。

数年前におやじと釣行したときにおやじが目撃・・・、そしてその1年前は管理人も車中から

道路を横切るのを目撃した場所・・・。

今年もいらっしゃるようで・・・・・(大汗)

獣臭に注意しつつ、最奥へ向かう。


ここでまたしても愕然とした光景がぁ・・・・・・・・。

川のほうへ通じる道路を下って行くと開けた火山灰の広場があり、大きな土管のあった

管理人一押しのポイント・・・であった場所が・・・・・・なんと!

昨年の台風の影響で火山灰や土管が流され、倒木や大きな岩や砂利で駐車するスペース

すらない。

というより、まーーーーーーーーったくの知らない場所となっていた。


ひとまず駐車スペースを見つけ、川の状況を確認してみる。

溜りがあちこちにあって楽しいポイントであったのだが、ほとんどが砂利で埋まってしまい

チャラ瀬になっていた。


三俣になった大木の根元に大きな溜りがあった場所は、かろうじて1.5mくらいの水深で

残ってはいたが、ルアーでは狙いにくい感じ・・・。

延べ竿を持ってこなかったことを・・・・・・またしても後悔していた。

さらに近辺を調査したが、これといったポイントがないまま、大きな砂防まで歩いてしまった。

ここの回復にはかなりの時間を要するだろうと、釣果もないまま1時間ほどで切り上げた。


次のポイントへ移動中、今回初めての釣り人らしき人たちと遭遇。

だが、なぜだか私がちょこちょこと入るポイントの近くに車を停めては同じポイントへ来る。

同じポイントを知っているということはあり得ることだが、先行者が居れば敬遠して次へと

なるものなのだが・・・・・。


こんなことを数か所試したが・・・・・・気温が低かったこともあり(車載温度計:3℃)いまいち

魚の反応が悪い。

時間もまだ6:30・・・・・移動ばかりしていてもガソリンの無駄か。

太陽でも出て、水温がもう少し上がってくれれば・・・なんだが、それほど時間もない。

10:00までには帰宅しないと、次の予定があるし・・・・・・・・。


ここは実績の高いルアー練習場で何とか魚の顔だけは見て帰ることに。


その前に歩き回ったので腹ごしらえ。



7:00を過ぎた当たりから最終決戦開始!

前回来た時よりも、やはり濁りがきつくなっていたので、ミノーやスプーンでは出せないと

判断し、2.5gのスピナーをチョイス。

雑草も思ったほど茂っておらず、キャストには問題なし。

水量が多かったので、少し底を意識してゆっくりめにリトリーブ・・・。

数投目で・・・・・・・・・もそもそ・・・ガッ!

ジジジジぃ~~~、ヒットぉ!

グイグイ首を振って、なかなか顔を出さない。

なかなかのサイズ何じゃないのぉ!

でも、前回よりは引き込みがゆるいか?

足元へゆっくりと寄せ・・・ランディング成功!



この画像ではサイズ感が分かりにくいですが(大汗)、30cm前半くらいと思われる綺麗なニジ。

上あごにがっちりかかっていた。

もう1尾釣りたかったのでさっさとリリースし、場が荒れているので違う場所で時間つぶし。

まあ、広い場所なのでミノーやスプーンをとっかえひっかえしながら、キャスト練習・・・。


15分後、再チャレンジ!

すると数投で・・・・・ヒットぉ!

25cmくらいのニジくんが元気よくジャ~ンプ!

さらにジャ~~ンプ・・・・・・・したと思ったら、雑草で浮島になったような場所に乗ってしまった。

そのはずみで、フックアウト・・・。

ただ、ニジくんは浮島に乗っかったまま・・・・行くに行けない場所・・・・・。

大丈夫かなぁと数分眺めていると、何とか自力で水の中へと入って行った。

よかったと胸をなでおろしたところで、場が完全に荒れてしまったようなのでここで納竿。


雨は降らずではあったが、この時期にしては寒すぎる状況にやられてしまった。

次回は使う使わないは別にして、延べ竿も準備しようと決めた管理人でした。



・・・・・・・・・・・・・・・おしまい